Fotor

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真

HDR写真は、標準のデジタルカメラよりも広範囲の照明と色を取り込むことができる技術を利用しています。 HDR合成技術は、3枚以上の同じシーンで異なる露出レベルの写真を一つの画像に合成するもので、これにより目で見たままの世界の細部と鮮やかな色が正確にキャプチャされます。 HDR技術の利点は、標準のデジタルカメラでは失われていた細部が保持され、写真の明るい部分と暗い部分の両方で鮮やかな色が再現されることです。

洗練されたHDR技術

FotorのオンラインHDRツールには、画像位置修正、ゴースト除去、トーンマッピング技術など、さまざまな高度なHDR技術が含まれており、最速のスピードで壮観な画像を簡単に作成できます。

Fotor

画像位置修正

2枚以上の写真を連続して撮影するとき、カメラを完全に静止させることはほぼ不可能でしょう。しかし鮮明なHDR写真を作成するには、それぞれの画像のピクセル座標を完全に揃えることが重要です。 Fotorの高度な画像位置修正技術はこの問題を解決し、鮮明な合成写真を作成することができます。

いますぐ始める!
Fotor

ゴースト除去

動く被写体は、高品質のHDR写真を作成する際の大きな障害の1つです。 同じシーンの複数の写真を撮影すると、動いている被写体がフレーム内の異なる位置に表示され、他のHDRソフトでは合成されたHDR写真でゴーストのように見えることがあります。Fotorは高度な「ゴースト除去」技術を開発し、被写体の動きによって生じるゴーストのような症状をきれいに取り除き、ゴースト現象を解決しました。

いますぐ始める!

トーンマッピング

画像位置修正とゴースト除去後、露出レベルの異なる写真はデジタルHDRネガに合成されます。これは32ビットフロート画像とも呼ばれていて、JPEGやBMPのような従来の8ビット画像フォーマットと比較して、はるかに広い範囲の値を記録する能力を持っているので、画像全体のダイナミックさを正確に捉えることができます。ただし、32ビットフロート画像は、現在の8ビット画像モニターまたはプリンターで表示または印刷することはできません。「トーンマッピング」は、表示または印刷用に32ビット画像を8ビット画像に変換するために使用される技術です。 32ビットフロートはデジタルHDRネガとも呼ばれるので、トーンマッピングは一種のデジタル用の写真現像と見なすことができます。

もっとHDRの例

HDRソフトを使用して画像を調整する方法

  • 1

    露出レベルの異なる同じシーンの2〜3枚の写真をアップロードしてから、「スタート」をクリック。

  • 2

    さまざまなスタイルのHDR効果を使用して調整し、好みのものを選択。

  • 3

    加工の強度と他の編集設定を調整。 ゴースト現象を修正するには、「ゴーストを取り除く」にチェックを入れる。

  • 4

    画像のファイル形式とサイズを選択、作品を保存。

Fotorは最高のオンラインHDR体験を提供するだけではありません

Fotorサイトには、エフェクト、ステッカー、テキスト、などの幅広いツールがあり、コラージュを作成してグラフィックデザインを完成させることもできます。さらに素敵な作品を目指して、ぜひお試しください!

世界をリードするオンラインHDRソフト

FotorのオンラインHDRソフトは、あなたの撮影した写真の細部と見たままの色を引き出します! 世界をリードする画像位置修正、ゴースト除去、およびトーンマッピング技術を使用したHDR写真は、これまでにないほどあなたの写真をプロフェッショナルに見せるでしょう!