カテゴリで見る
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2

名刺作成の基本

名刺をデザインする際にまず名刺に何を記載するしなければならないのかを明白することです。一般的に、名刺に書く要素は会社名、肩書き、名前、住所、電話番号、メールアドレス、ホームページのURLなどがあります。最近SNSアカウントのIDやQRコードを入れるケースも増えました。また、ショップカードをデザインするなら、営業時間や定休日も必要で、簡易なマップが載せていることも多いです。

名刺をデザインする注意事項

分かりやすくておしゃれな名刺を作るなら、ポイントは一番見せたい要素を決めることです。例えば、名前を一番だと決めた場合、名前を大きくしたり、周りに余白をたっぷり残したり、次はレイアウトやフォント、色を揃い、統一感を保つことです。2種類以上のフォントと色を使用すると、ごちゃごちゃになって、見にくくなります。最後は、印刷用の名刺をデザインする際に、裁断のことを考慮して、「仕上がり線」から、内側3mmの部分には重要な要素を配置しないようご注意ください。

名刺のサイズ

日本では名刺サイズは「4号名刺」で「91mm×55mm」が標準サイズです。関西では「大阪9号」とも呼ばれています。欧米では日本と違い、「3.5×2.0インチ」/「89mm×51mm」の規格が一般的です。日本ではこのサイズを欧米サイズと呼ばれていますが、実際には主にアメリカやカナダで使われており、ヨーロッパの主流サイズは「85mm×55mm」です。日本でも欧米サイズの名刺を使用するケースが多くなって、特に外国人と名刺交換の機会が多い方や、外資系の企業に勤める方が多いです。日本の通常サイズより小さめのため、欧米サイズの名刺はおしゃれやクリエイティブなイメージが持つようになり、個人の名刺のみならず、ショップカードやスタンプカードとしてよく使用されています。

名刺作成ソフト「Fotor」ができること

名刺のデザインを外注する選択肢もあります。プロのデザイナーによるおしゃれな仕上げが期待できますが、コストが高く、コミュニケーションにかかる時間ロスも多く、細かい修正も苦労します。また、ウェブ上ではワールドやエクセルでのテンプレートがあって、簡単にテキスト修正するだけで、名刺になりますが、味気ないデザインになりかちです。しかし、Fotorの名刺作成アプリを使えば、お好きなテンプレートからカスタマイズして、PCでもスマホでも簡単に作れます。プロの質、コスト削減、そして細かい修正の悩みがすべて解消できます。操作簡単なFotorのデザインソフトなら、初心者でも簡単に使用でき、テンプレートを利用して、必要なところを変えるだけで自由度の高いチラシを作成できます。

さまざまな名刺テンプレートを無料で使う

名刺作成アプリ「Fotor」が多様なシーンを考慮して、カッコイイビジネス用の名刺から可愛くておしゃれなショップカードのテンプレートまで多数提供しています。誠実さや真面目さをイメージする青い名刺、堅実と落ち着きを感じる茶色の名刺、激しいコントラストのあるクリエイティブ系の名刺、かわいいペットショップのショップカード、おしゃれなベーカリー屋のショップカードもここには見つけることができます。メールで画像として添付することも印刷可能な名刺テンプレートがたくさんあります。

名刺テンプレートに関するよくある質問

名刺やショップカードのサイズは?

日本で一番よく使われている名刺のサイズは「91×55mm」です。このサイズなら印刷屋で一番安い値段で印刷できます。ただ、ビジネスで外国の方との交流が多い方、またおしゃれさや可愛さを求めるサロンやショップなどの業界なら、少し小さめな欧米仕様サイズがおすすめです。 Fotorの名刺テンプレートは欧米仕様の「3.5×2.0インチ」/「88.9×50.8mm」です。Fotorの名刺作成ソフトでワンクリックで指定のサイズに変更できます。

完全無料でおしゃれな名刺を簡単に作成する方法がありますか?

はい、あります。Fotorのサイトで名刺の無料のテンプレートからお好きなものを選び、ロゴを変えたり、名前や連絡先などのテキストを差し替えたりするだけで、簡単に名刺を作れます。
...開く